社会人が独学で英語をゼロから習得することは可能!効率の良い勉強法とおすすめ教材徹底解説

社会人がゼロから独学で英語を習得する勉強法

社会人になってから英語を学び直すことは、キャリアアップや自己実現に大いに役立ちます。英語力を身に付けるとビジネスチャンスが広がるだけでなく、グローバルな視野を持ち充実した生活が送れるでしょう。

本記事では、英語力に自信がない社会人でも、ゼロから独学で英語を学ぶ方法について、詳しく解説していきます。

この記事をまとめると
  • 英語力ゼロの社会人でも独学で英語を習得できる
  • 社会人の英語学習にはスキマ時間の活用が重要
  • 学び直しの社会人におすすめの英語アプリや教材
目次

【結論】英語力ゼロの社会人でも独学で英語を習得できる

【結論】英語力ゼロの社会人でも独学で英語を習得できる

英語力ゼロの社会人でも、独学で英語を習得できます。社会人の場合、英語力ゼロの自覚があっても、中学・高校の6年間で英語を勉強しているため、完全に英語の知識がゼロとは言えません。

一般的に英語学習に必要な時間は1,000~3,000時間と言われています。ビジネスで通用する英語力を身に付けるには、最大学習時間である3,000時間が必要と考えられます。

中学・高校での英語学習時間は合わせて約1,000時間ですので、残りの2,000時間が社会人の英語習得までの目安時間と言えるでしょう。

独学で英語をゼロから習得するためのポイント

独学で英語をゼロから習得するためのポイント

社会人が独学で英語をゼロから習得する際には、いくつかのポイントを踏まえて学習すると効率的です。本章では、独学の英語学習におけるポイントを6つに絞って、詳しく解説していきます。

英語力ゼロから英語をマスターするためのポイント
  • 現在の英語力を把握する
  • 目標を明確にする
  • 目的にあった学習方法を選ぶ
  • 英語力向上は日々の継続学習が重要
  • スキマ時間の活用が英語力アップのコツ
  • インプットとアウトプットをバランスよく行う

①現在の英語力を把握する

独学で英語を学び始める際には、まず現在の英語力を把握するところから始めます。現在の英語力を客観的に把握できていないと、レベルに合った教材を選べないため効率のよい学習ができません。

現在の英語力を把握するためには、以下のような方法があります。

現在の英語力を把握する方法は?
  • 無料でできる英語力テスト(https://eigoryoku.nhk-book.co.jp/normal)
  • 英検・TOEICなど英語の資格試験を受験
  • オンライン英会話で英語力をチェックしてもらう

自分の英語力を正しく認識して、現在のレベルに合った学習を行いましょう

②目標を明確にする

英語を独学で学習するためには、モチベーションの維持が重要です。明確な目標がないままに英語学習をスタートすると、モチベーションが維持できずに途中で挫折してしまいがちです。

どのような目標でも構いませんので、具体的な目標を決めて、目標に向かって学習を進めていきましょう。「英語がペラペラ話せるようになる」のような漠然とした大きな目標よりも「英検〇級に合格する」などの具体的で短期的に実現可能な目標を設定することが、やる気を持続させるのに有効です。

③目的にあった学習方法を選ぶ

忙しい社会人にとって、効率的に最短距離で英語をマスターするには、目的に合った学習方法を選ぶことが重要です。ビジネス目的や旅行先での英会話など、各自の目的に合わせて学習方法を選択していきましょう。

ビジネス英会話を上達させたい場合は、専門の問題集や参考書、オンライン英会話のビジネス英語コースなどで学習することをおすすめします。ビジネスで英語を使用する際は、職種によって内容がまったく違います。

自分が仕事で使用するであろう英語を重点的に学ぶと、当初の想定学習時間よりも早く目標が達成できるでしょう。

④英語力向上は日々の継続学習が重要

英語力向上のためには、日々の継続学習が欠かせません。英語を毎日勉強した方がよい理由は、大きく二つあります。

英語を毎日勉強するべき理由は?
  • 毎日英語学習をすると習慣化できる
  • 人間の脳は覚えたことを忘れるようにできている

英語上達には「学習の習慣化」が近道です。「さあやるぞ!」と気合を入れずとも、毎日の習慣になって英語を学習することが「当たり前」となるように、生活の一部に英語学習を取り入れていきましょう。

人間の脳は、一度学習したことを次の日には半分以上忘れていると言われます。毎日学習を行い、前日の復習を繰り返し行うことで、記憶の定着率は向上します

⑤スキマ時間の活用が英語力アップのコツ

英語を習慣化して日常に取り入れるためには、スキマ時間を有効に活用するとよいでしょう。

スキマ時間を有効活用する方法
  • 通勤や通学の移動時間に英単語を覚える
  • 休み時間に英語の動画を1本見る
  • お風呂の時間は英語のラジオを聴く

1分のスキマ時間があれば、1つの英単語が覚えられます。スキマ時間があれば欠かさずに活用していくことで、英語学習の積み重ねにつながります。

とくに仕事で忙しくまとまった時間が取れない社会人は、スキマ時間をうまく使って英語力アップを目指しましょう

⑥インプットとアウトプットをバランスよく行う

独学で英語を勉強している人の悩みとして多いのが、「アウトプットの機会が少ない」ことです。英語学習を効率よく行うには、インプットとアウトプットのバランスが重要なので、意識してアウトプットの時間を増やしていかねばなりません。

独学でもできるアウトプットの方法
  • 英語でSNS発信
  • 英語で日記を書く
  • 英語の歌を歌う
  • オンライン英会話で講師と話す

自分に合った方法で、英語のアウトプットを実行してみましょう。

社会人が独学で英語をゼロから基礎をマスターする学習方法

社会人が独学で英語をゼロから基礎をマスターする学習方法

英語の学習には基礎が重要です。社会人が独学で英語の基礎をゼロからマスターするには、どのように学べばよいのかを解説していきます。

中学レベルの英単語・英文法を習得する

英語を基礎から学習するならば、最初に中学レベルの英単語と文法を学びましょう。すでに一度学習している内容ですが、忘れてしまっている部分も多いはずです。

とくに文法は今後英語を学んでいく上で、基礎ができているかどうかで読解力や表現力に大きく差が出ます。テキストや参考書を利用して、着実に中学文法を復習しておきましょう。

学生時代はテストや受験のために正確なスペリングを要求されていましたが、社会人の学び直しにはスペルまで完璧に覚える必要はありません。スペルはPCで自動的にチェック可能ですので、無駄は省いて効率的に学習を進めていきましょう

和文を英訳する練習を行う

学生時代には英文の日本語訳を行うことが多かったものの、社会人の英語学習には和文の英訳の方が効果的です。英会話の際に「英語で何と言えばいいのかな?」と思った経験は誰しもあるでしょう。

とっさに必要な英語がスムーズに出てくるように、頭で考えていることを英語で表現する訓練は欠かせません。独り言を英語で言ってみたり、ドラマのセリフを英語にしてみたりを、日常的に意識して行ってみるとよいでしょう。

英作文の練習を行う

前述したように英語にはインプットとアウトプットのバランスが重要です。英作文の練習は、アウトプットのためにも積極的に行っていきましょう。

おすすめの練習方法は、X(エックス)やInstagram(インスタグラム)で英文を投稿することです。ブログと違って短文になるので、英作文に慣れていない人でも始めやすいでしょう。

SNSでの投稿に抵抗がある人は、自分だけが見られる日記帳でも構いません。毎日続けると、英語での表現力アップにつながります

パラフレーズ練習を行う

パラフレーズとは「言い換え」のことで、意味を変えずに違う単語を使って表現することを言います。本項目では、パラフレーズ練習のメリットをいくつか紹介するので確認してみましょう。

パラフレーズ練習を行うメリットは?
  • 表現力が付く
  • 語彙が増える
  • 文法が身に付く

パラフレーズ練習を行うには、語彙の豊富さが欠かせないため、自然と語彙力がアップします。さらに、言い換えを工夫する際には文法表現を変えることもあるため、文法の知識も増やせるでしょう。

パラフレーズ練習に慣れてきたら、英語の長文を短く要約する練習も行うとさらに効果的です。

シャドーイングを行う

シャドーイングとは、英文を聞きながらほぼ同時に発音する学習方法です。聞いた内容を瞬時に発音することで、英語の発音とアクセントを身に付けられます。

シャドーイングの題材は何でも構いません。自分が興味のある分野の講演や、好きなドラマなどだと楽しく続けられるでしょう。

独学で英会話をゼロからマスターする勉強法

独学で英会話をゼロからマスターする勉強法

独学で英会話をゼロからマスターするための勉強法で、おすすめの方法を3つ紹介していきます。前述した基礎の学習方法にプラスして取り入れていくと効果的ですので、ぜひ試してみてください。

①英語アプリを活用する

社会人が英語をゼロからマスターするには、常に身に付けているスマホのアプリで勉強するとよいでしょう。英語アプリを利用すると、いつでもどこでもスキマ時間ができたタイミングで英語学習が可能です。

とくに英単語に特化したアプリは、覚えた単語は出てこないようにしたり、自分だけの単語帳が作成できたりと、効率よく英単語が学べるように工夫されています。無料で使えるアプリもありますので、自分に合った英語アプリを見つけて学習に活かしましょう

②YouTubeを活用する

YouTubeで英語の動画を見ることは、楽しみながら英語が学べるよい方法です。無料で利用できて、自分の好みに合った題材を選べるのがメリットです。

英語にまだ慣れていないうちは、動画のスピードを遅くして視聴でき、字幕もあるので初心者から英語学習のツールとして活用できます。ただし、自動で生成される字幕は本来の内容と異なる場合もあるため、注意が必要です。

③オンライン英会話を活用する

オンライン英会話の活用も、独学で英語をゼロからマスターしたい人におすすめできます。独学だと不足しがちなアウトプットの機会が得られて、講師から発音や文法のミスなどを指摘してもらえるので、間違ったまま覚えてしまうことが減るでしょう。

オンライン上とはいえ、対人でのレッスンを行うことで、モチベーションの維持にもつながります。1か月3,000円程度から始められ、無料で体験レッスンもありますので、気になる方はまずは体験から始めてみるとよいでしょう。

独学で英語をゼロからマスターするためにおすすめ教材

独学で英語をゼロからマスターするためにおすすめ教材

社会人が英語をゼロから独学で学ぶにあたり、おすすめの教材を紹介していきます。教材選びに迷ったら、参考にしてみてください。

【参考書】中1英語をひとつひとつわかりやすく。【一番わかりやすい中学英語の本】

【参考書】中1英語をひとつひとつわかりやすく。

画像出典:Amazon

出版社 学研プラス
著者 山田 暢彦
価格 1,100円
ページ数 156ページ

『中1英語をひとつひとつわかりやすく。』は、中学1年の単語・文法・リスニングが1冊で学べて、オールカラーで見やすくわかりやすい参考書です。見開き形式で解説と問題が同時に見られるため、わからないところを確認しながら学習を進められます。

中学生に向けての参考書ですが、超基礎から詳しく解説してくれるので、社会人の学び直しにも最適です。

【参考書】英単語ターゲット1200【アプリで音声再生ができる】

英単語ターゲット1200

画像出典:Amazon

出版社 旺文社
著者 ターゲット編集部
価格 990円
ページ数 496ページ

『英単語ターゲット1200』は大学入試用の英単語集で、中学で習う200単語・高校で必修の1200単語・重要な熟語300が収録されています。見出し語にはよく使われる表現を使用した例文が掲載されており、単語を覚えながらイディオムやコロケーションも学べます

入試対策の英単語参考書ですが、中学レベルの英単語から掲載されているため学び直しの社会人にもおすすめです。

【アプリ】Duolingo【世界中で利用されている英語アプリ】

Duolingo

画像出典:公式サイト

目的 英単語・スピーキング・リーディング
無償利用
月額利用料 750円~
有料プランの機能 制限なしのレッスン
インストール iOSAndroid

『Duolingo』は無料で使える英語アプリです。1回15分程度で終わるレッスンは、初心者から上級者までレベルに合わせて選択できます。

短時間で終わるレッスンは、スキマ時間を活用したい社会人の英語学習者に適しています。かわいいキャラクターがレッスンをサポートしてくれて、ゲーム感覚で進められるのもDuolingoの特徴です。

他の学習者とライバルのように競い合いながら学習するので、独学でも仲間と一緒に学んでいる気分でモチベーションが高まります。

【アプリ】AI英会話スピークバディ【AIを相手にスピーキング練習】

AI英会話スピークバディ

画像出典:公式サイト

目的 スピーキング
無償利用
月額利用料 3,300円
有料プランの機能 すべての機能が制限なしで利用可能
インストール iOSAndroid

『AI英会話スピークバディ』は、AIを相手にスピーキングの練習ができるアプリです。対面だと緊張してうまく話せないという人も、AIならば気後れなく英会話の練習ができるでしょう。

AIが相手なのでいつでもどこでもレッスン可能で、オンライン英会話のように予約を取る必要はありません。英会話を上達させたいけれど、うまく話せないから恥ずかしいと思う人は、AI英会話を選択肢の一つとして検討してみましょう。

【オンライン英会話】ネイティブキャンプ【ユーザー数260万人】

ネイティブキャンプ

画像出典:公式サイト

学べる内容 日常英会話・ビジネス英会話・英検対策など
初期費用 なし
プラン・月額利用料 ライトプラン(月8回)5,450円
プレミアムプラン(回数無制限)7,480円
レッスン受講可能時間 24時間
サポート体制 日本人スタッフによるカスタマーサポート
公式サイト https://nativecamp.net/

『ネイティブキャンプ』は、24時間365日予約ができるオンライン英会話サービスです。講師はアメリカ・イギリス・南アフリカ・オーストラリア・カナダ・フィリピンなど、世界中から集まった15,000人以上が在籍しています。

レッスン開始の5分前まで予約可能な『今すぐレッスン』のサービスもあり、忙しい社会人も空き時間を利用してオンライン英会話レッスンを受けられます。パソコンからだけでなく、スマホやタブレットからもレッスンが受けられるので、時間と場所にとらわれず自分のペースで学習を進められるでしょう。

【オンライン英会話】DMM英会話【1レッスン166円から】

DMM英会話

画像出典:公式サイト

学べる内容 日常英会話・ビジネス英会話・英検対策など
初期費用 なし
プラン・月額利用料 スタンダードプラン(毎日1レッスン)6,980円
レッスン受講可能時間 24時間365日
サポート体制 メールでオペレーターが対応
公式サイト https://eikaiwa.dmm.com/

『DMM英会話』は、世界125か国から講師陣が集まるオンライン英会話サービスです。DMM英会話の講師は厳しい基準をクリアしていますので、質の高い授業が受けられます。

無料で使えるレッスン教材が充実しているのも『DMM英会話』の特徴です。レベル別・目的別に、14,000以上の教材の中から自由に選択できます。

24時間レッスンが受けられますので、時間を有効に使いたい社会人の英語学習者におすすめのオンライン英会話サービスです。

【まとめ】独学でも英語をゼロから習得することはできる!

【まとめ】独学でも英語をゼロから習得することはできる!

本記事では、英語をゼロから独学で学びたい社会人のために、おすすめの勉強法や教材について解説しました。忙しい社会人が英語をマスターするには、時間を有効に活用し効率よく学習を進める必要があります。

本記事で紹介した勉強法を参考にしながら、最小の努力で最大の結果を出せるように、英語学習を進めていきましょう

目次
閉じる