【技能別】英語の効率の良い勉強法とは?最短で習得するためのステップを徹底解説

【技能別】英語の効率の良い勉強法とは?最短で習得するためのステップを徹底解説

英語学習者の中には「長年英語を勉強していてもなかなか成長が感じられない」という悩みを持つ人が多いです。あなたがもしも長い時間をかけて勉強しても英語が習得できないと感じているなら、勉強法が間違っているかもしれません。

この記事では、効率のよい英語の勉強法をご説明します。4技能別のおすすめ勉強法や、英語が早く上達する人の特徴について詳しく解説しますので、効率よく英語を勉強したいと思う人は記事の内容を参考に勉強を進めてください。

この記事をまとめると
  • 効率よく英語を習得するためには、学習の事前準備も大切
  • 基本的な単語や文法知識は、学習の早い段階で習得するべき
  • オンライン英会話やライティング添削などの英語学習サービスの活用もおすすめ
目次

英語を効率良く習得するための準備

英語を効率良く習得するための準備

英語学習を始めたばかりの場合、正しい勉強計画の立て方や勉強の進め方がわからない人は少なくありません。英語を効率よく習得するための準備として、以下のことを行いましょう。

効率良く習得するための準備一覧
  • 無理のない目標を立てる
  • 英語を学ぶ目的を明確にする
  • 学習計画をあらかじめ考えておく
  • あらかじめ決めた学習頻度に沿って学習する

それぞれ詳しく紹介します。

無理のない目標を立てる

英語学習において、目標を立てて勉強を継続することは大切です。しかし、いきなり無理な目標を立てると、回り道をしながら学習を進めることになります。

たとえば、英語初心者の人が最初から「通訳になる」という大きな目標を立ててしまうと、4技能それぞれを満遍なく向上させなければならず、効率の悪い学習を続けてしまうことにもなりかねません。

英語学習の目標を立てる際は、自身の必要に合った無理のない目標を立てましょう。

英語を学ぶ目的を明確にする

英語を学ぶ目的が明確でなければ英語の学習方法に迷ってしまい、非効率的な勉強法を続けてしまうでしょう。英語学習を始める際は、あらかじめ英語を学ぶ目的を明確にしておくことをおすすめします。

英語を学ぶ目的は「ネイティブのように英語を話す」などの曖昧な目標よりも「一年後に海外出張を任され、英語でビジネス交渉できるレベルになる」などの明確な目的がおすすめです。目的を考える際は、何年後に、誰と、どこで、どのような英語を話したいかを意識しながら考えましょう。

学習計画をあらかじめ考えておく

英語を効率よく学ぶために、あらかじめ学習計画を立てておきましょう。たとえば「3か月後にTOEIC800点を取得する」という目標があるならば、使うテキストを決め、3か月で3周するように学習計画を立てます。

学習計画をあらかじめ考えることで、学習期限までにしなければいけないことが明確になり、効率よく学習を進められます。学習計画は学習を進める中で何度も見直し、進捗に応じて再考、また変更しましょう。

あらかじめ決めた学習頻度に沿って勉強する

英語の学習計画を考える際は、同時に学習頻度も決めましょう。平日は5日間勉強して週末は勉強しないなど、曜日ベースで決めておくと勉強のルーティンが作りやすいです。

学習頻度はあらかじめ決めていても、残業や飲み会の予定が急に入って、計画通りに進まないことも考えられます。勉強できない日のために予備日を作るようにしましょう。

学習を継続するためには、無理のない計画を立てることが大切です。

【4技能共通】英語の効率が良い勉強法

【4技能共通】英語の効率が良い勉強法

英語にはリーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの4技能がありますが、すべてに共通するおすすめの勉強法があります。

4技能に共通するおすすめ勉強法一覧
  • 英単語やボキャブラリーをインプットする
  • 基本的な文法を理解する
  • スラッシュリーディング・リピーティング

英語を効率的に習得するための3つのおすすめ勉強法について解説しますので、4技能を満遍なく勉強したいと考えている人は参考にしてください。

英単語やボキャブラリーをインプットする

英語学習には、英単語やボキャブラリーのインプット学習が大切です。高い文法知識や発音のスキルを身につけても、英単語やボキャブラリーがわからなければコミュニケーションが取れません。

英単語やボキャブラリーをインプットする際は、難易度の高いものを覚えようとするのではなく、まずは中学校や高校で習うものをしっかりと覚えましょう。中学校や高校で習うような基本的な英単語やボキャブラリーを覚えるだけでも、日常英会話は十分成り立ちます。

基本的な文法を理解する

英単語やボキャブラリーと同じく、文法も中学校や高校で習う基本的なものを勉強して理解しましょう。文法が理解できると、英語の文章を組み立てる速度が速くなり、英会話の場における円滑なコミュニケーションに繋がります。

文法は英単語やボキャブラリーの学習と比べて学習すべき範囲がある程度決まっています。そのため英語学習を始めてからできるだけ早い段階で、また短期間で習得できるように学習計画を立てるのがおすすめです。

効率的な文法の勉強方法【スラッシュリーディング・リピーティング】

効果的に文法を勉強するなら、スラッシュリーディング・リピーティングがおすすめです。スラッシュリーディング・リピーティングとは、英語の文章をスラッシュで区切り、区切りごとにリピーティング・リピーティングする勉強方法です。

英語の文章をスラッシュで区切るにはいろいろなやり方がありますが、文のSVOCで区切ると文構造をしっかり学べるため、とくに初心者は文をSVOCで区切るとよいでしょう。スラッシュリーディング・リピーティングを繰り返し練習すれば、英語の文章の理解力や理解するスピード力が向上します。

【リスニング・リーディング編】効率の良い勉強法

【リスニング・リーディング編】効率の良い勉強法

リスニングやリーディングなど、いわゆるインプット学習における効率のよい勉強法をご紹介します。インプット学習は、話し相手などコミュニケーションをとる相手が必要なく、独学で行いやすい学習です。

リスニングやリーディングの勉強は、基本的な単語や文法が理解できていることが前提です。まだ基本的な単語や文法が定着していないという人は、まず単語と文法のおさらいから始めましょう。

リスニングの効率が良い勉強法

リスニングの勉強で効果的なのが、通勤やながら時間を利用した聞き流しトレーニングです。リスニング力の向上には、聞き流しをして普段から多くの英語の音に触れることが重要です。

ただし、聞き流しだけではリスニング力はなかなか伸びません。効率的にリスニングの練習をするためには、同じ英語の音源を繰り返し聴いて、聞き取れない原因を考えながら英語特有の音の知識を学ぶ、清聴トレーニングも同時に行いましょう。

リーディングの効率が良い勉強法

リーディングの勉強法には、多読と精読という2つの主な勉強法があります。

多読とは、英文をできるだけ多くの文章を読む勉強法のことで、文法やわからない単語が出てきてもすぐに調べるのではなく、一旦飛ばしてそのまま読み進めます。多読をすれば、短時間で大量のインプットが可能です。

一方、精読とは文章中の単語や構造を一つひとつ丁寧に調べながら読み進める勉強法です。多読と精読は、8対2のバランスで行うと効率的だと言われていますので、リーディングの勉強時の参考にしてください。

【スピーキング編】効率の良い勉強法

【スピーキング編】効率の良い勉強法

アウトプットの1つである、スピーキングにおける効率のよい勉強法をご紹介します。

スピーキングを身に付ける効率的な勉強法一覧
  • ステップ1:短いフレーズをインプットする
  • ステップ2:オンライン英会話でアウトプットの訓練をする
  • ステップ3:さまざまなトピックを英語で話す訓練をする

ご紹介する3つのステップに沿って、スピーキングの勉強を行ってください。

ステップ1:短いフレーズをインプットする

スピーキングの練習として、まずフレーズをインプットすることから始めましょう。インプットの参考にする教材は、ドラマ、映画、YouTube動画など自分の興味のあるトピックのものが向いています。

フレーズをインプットする際には、普段日本語で話す時によく使うフレーズを中心に集めることをおすすめします。また、最初から長いフレーズをインプットするのではなく、最初はできるだけ短くて覚えやすいフレーズからインプットしましょう。

ステップ2:オンライン英会話で頭で考えてから口に出すまでのスピードを短くする訓練をする

短いフレーズをいくつかインプットできたら、次にオンライン英会話でインプットしたフレーズをアウトプットする練習を始めましょう。インプットしたフレーズは、記憶に定着しないうちは頭で考えてから口に出すまでに時間がかかってしまい、スムーズにコミュニケーションがとれません。

フレーズを頭で考えてから口に出すまでのスピードを短くするためには、オンライン英会話を通して学んだことを積極的にアウトプットすることが大切です。

ステップ3:さまざまなトピックを英語で話す訓練をする

日常で使うような短いフレーズをインプットし、アウトプットする練習にも慣れてきたら、次に日常会話だけではなくさまざまなトピックを英語で話す訓練をしましょう。オンライン英会話の中には、ニュース記事を教材にして、ニュースの内容についてディスカッションできるものもあります。

ニュース記事のような教材を活用しながら、さまざまなトピックに関する単語やフレーズを学び、自分の意見をアウトプットする練習をしましょう。

【ライティング編】効率の良い勉強法

【ライティング編】効率の良い勉強法

英語の4技能の中でも、ライティングはどうやって勉強すべきかわからない人が多いです。市販の英語学習教材も、4技能の中でライティングの教材がとくに少ないです。

効率のよいライティングの勉強法をご紹介しますので、ライティングの勉強法がわからず困っているという人はぜひ参考にしてください。

ステップ1:日本語の意味を考えながら英文を書き写す

ライティングの勉強をする際は、まず日本語の意味を考えながら英文を書き写すことから始めましょう。スピーキングの練習と同じく、書き写しに使用する英文は、自分が日本語でよく使う表現や単語が含まれているものを選ぶとよいです。

初心者の方は、最初からニュース記事や学術論文などを書き写しに使用するのではなく、中学校や高校で使用していた英語の教科書を使うのがおすすめです。

ステップ2:洋書を理解できるまで読みこむ

書き写しに慣れてきたら、次は洋書を理解できるまで読み込みます洋書を読み込む際には、ストーリーを楽しみながら英文を読むだけでなく、文の構造まで理解できるまでしっかり読み込みます。

わからない文法があれば文法書で調べ、どのような文が作れるのか考えながら読み進めるようにしましょう。洋書の中で使われている文法を、自分のものにすることを意識しながら読むことが大切です。

ステップ3:英語ライティングの添削サービスで繰り返し反復練習する

ライティングのためのインプットが終わったら、次は実際にライティングの練習を行います。ライティングはリスニングやリーディングとは違って独学が難しく、フィードバックを受けなければスキルはなかなか向上しません。

インターネットで検索すると英語ライティングの添削サービスが出てきますので、添削サービスを利用してライティングのアウトプットを繰り返し行いましょう。

効率が悪い英語学習法!こんな勉強はやめて

効率が悪い英語学習法!こんな勉強はやめて

効率のよい英語学習法をご紹介してきましたが、以下のような英語学習法は、逆に効率が悪い学習法です。

効率が悪い勉強法一覧
  • 発音にこだわって何度も練習する
  • 聞き流すだけの学習法
  • 文法の参考書を読むだけ

上記の3つの学習法がなぜ効率が悪い学習法と言われるのか、具体的に解説します。

発音にこだわって何度も練習する

英語学習をする際、発音にこだわって何度も練習するのは非効率的です。スピーキングの際、英単語の基本的な発音の知識は必要ですが、外国人とコミュニケーションが取れるのであれば問題ありません。

最近では、単語の意味と一緒に発音記号が書かれた英単語帳が売られていますが、英語初心者は発音記号の有無にこだわって英単語帳を選ぶ必要もありません。

聞き流すだけの学習法

リスニングの勉強法の1つに、聞き流し勉強法というものがあります。聞き流しは、通勤中などのスキマ時間を利用して大量のインプットができるため、忙しい社会人におすすめの勉強法です。

しかし、ただ聞き流しをするだけでは効率的とは言えません。リスニング学習の際は、聞き流しと精聴のトレーニングをバランスよく行ったうえで、リスニングでインプットした単語や表現を積極的にアウトプットすることが大切です。

文法の参考書を読むだけ

皆さんは、どのように文法学習を進めていますか。中には「文法の参考書を読むだけ」という人もいるでしょう。

文法の参考書を読んで知識をインプットすることももちろん大切ですが、アウトプットする機会を作ればさらに効率的な学習が可能になります。文法学習の際には、学んだ文法構造を使って自分で文章を作成してみる習慣をつけましょう。

早く英語が上達する人の特徴

早く英語が上達する人の特徴

効率よく勉強をし、早く英語が上達する人にはどのような特徴があるのでしょうか。早く英語が上達する人の特徴3つについて具体的に解説しますので、今後の英語学習の参考にしてください。

英語の表現に触れる機会を作っている

英語の上達が早い人は、日頃から英語の表現に触れる機会を多く作っています。たとえば、通勤中の電車の中で英語ニュース記事を読んだり、料理中に英語リスニング教材の音源を聞き流したりと、生活の中に英語表現のインプットを取り入れています。

忙しい中でも、スキマ時間やながら時間を活用してできることはあるので、諦めずに英語学習の時間を確保しましょう。

ミスを恐れず英語を話している

「自分の英語力に自信が持てず、思うように英語が話せない」という人も多いでしょう。ミスを恐れて英語が話せないという人には、完璧主義者で真面目な人が多いです。

英語が早く上達する人は、ミスを恐れずに英語で自分の言いたいことを話し、自分を表現します。英語に限らず、どのようなスキルも失敗があるからこそ上達するものなので、ミスを恐れずに積極的に英語を話しましょう。

英語を楽しみながら学んでいる

英語の上達が早い人は、英語を楽しみながら学んでいます。中には「洋楽を字幕なしで楽しめるようになりたいから、洋画を使って勉強している」という人や「洋楽の歌詞で勉強している」という人もいて、それぞれの目的や興味に合わせて勉強を続けている人が多いです。

英語学習に楽しみを見出せると「さらに勉強したい」という気持ちになり、英語学習に対するモチベーションが向上します。ぜひ、自分の目的や興味に合った勉強を行ってください。

【まとめ】学習方法を工夫して効率良く英語を習得しよう!

【まとめ】学習方法を工夫して効率良く英語を習得しよう!

この記事では、効率的な英語学習法について英語の4技能別にご紹介しました。効率よく英語学習を行うためには、英語学習を始める前に学習目的を明確にしたり、無理のない学習計画を立てたりすることも大切です。

「長年英語学習を続けているけど、なかなか上達しない」と悩んでいる人は、英語学習法を見直しましょう。

目次
閉じる