小学生に自宅で英語を教えるコツは?おすすめ学習方法や注意点についても詳しく解説

小学生に自宅で英語を教えるコツ

現代社会では、英語はますます必要とされており、小学生の段階から英語を学び始めることは将来の幅広い可能性を切り拓くことに繋がります。英語は国際的なコミュニケーションやキャリアの面で優れたツールであり、早い段階から学ぶことで、抵抗なく英語を受け入れることができるでしょう。

幸いにも、英語は自宅でも学習しやすい教科です。オンラインリソースやアプリ、英語の絵本、教材が豊富に利用でき、親子で楽しみながら学ぶことができます。ぜひ、今回の記事で自宅での英語の教え方をマスターしてみてください。

この記事をまとめると
  • 国際化する社会で小学生から使える英語を身につけることは必須になりつつある
  • 保護者が英語が苦手でも子供に英語を教えることはできる
  • オンライン英会話を使うことでより効果的に学習が可能
目次

小学生が自宅で英語を学習するべき理由

小学生が自宅で英語を学習するべき理由

なぜ小学生のうちから英語を勉強する必要があるのでしょうか。それは小学生の時から英語を勉強しておくことで、将来の選択肢が広まるからです。

ここでは、小学生が自宅で英語を学習するべき理由を詳しくご紹介します。

【理由①】小学校で英語が義務化された

日本では2020年から小学校での英語教育が義務化されました。この政策変更は、国際的なコミュニケーション能力の重要性を認識し、将来のグローバル競争力を高めるための一環です。

小学生の早い段階から英語を学ぶことで、言語感覚を養い、発音やリスニングスキルを向上させられます。

保護者にとっても、子供たちの学習をサポートするために英語教育に触れておくことは重要です。そして、自宅での学習を加えることで授業にしっかりついていけるようになり、子供の英語への好感度を上げることができ、将来的な国際的チャンスに繋がっていきます。

【理由②】英語が強みになることでメリットが多い

英語を早い段階から学ぶことは、将来において数多くのメリットをもたらします。英語を第二言語として習得すると、国際的なコミュニケーションが容易になり、グローバルな職場やビジネスで活躍するチャンスを得られます。

英語での情報へのアクセスが広がり、自分の視野も広まっていくでしょう。また、異なる文化や視点を理解する力が養われ、国際的なトレンドや問題に対処する能力が向上します。

英語は将来の成功に向けた強力なツールであり、小学生のうちから積極的に学ぶことで、未来の選択肢を広げられるでしょう。

【理由③】自宅でも比較的学習がしやすい

小学生が英語を自宅で勉強すべき理由の一つに、英語は自宅での学習が容易な点が挙げられます。現代のテクノロジーを活用すれば、オンラインツールやアプリを使って、親子で英語学習を楽しむことも可能です。

また、英語の絵本や教材も充実しており、日常の中で取り入れやすいです。比較的学習がしやすい教科であるのに加え、自宅で勉強しても伸びやすい教科である点から自宅学習も効果的と言われています。

小学生に英語を教える際に注意したいこと

小学生に英語を教える際に注意したいこと
小学生に英語を教える際、いくつかの注意点があります。英語力が偏らないように満遍なくバランスよく勉強してもらうため、子供に苦手意識を持たせないためにも、個々に適した教材を使用する必要があります。

適した教材を使い英語を好きだと思ってもらうことができれば、継続的な学習も容易になるでしょう。

小学生に英語を教える注意点は?
  • 読む・聞く・書く・話すをバランス良く扱う教材を選ぶ
  • アウトプットを日常的に行えるような環境づくり
  • レベルにあった教材を使う

読む・聞く・書く・話すをバランス良く

小学生英語自宅学習で、読む・聞く・書く・話すをバランス良く勉強することが重要な理由は、これらのスキルが相互に補完し合い、総合的な英語力の向上に寄与する からです。読むことで語彙や文法の理解が深まり、聞くことで発音やリスニング力が鍛えられます。

書くことは思考を整理し、自己表現力を高め、話すことはコミュニケーション能力を向上させるのことにつながるのです。バランスよくこれらのスキルを育てることで、英語を総合的に活用できるようになっていきます。

アウトプットを日常的に行う

日常的なアウトプットにょり、言語スキルが向上します。英語を使って話すことや文章を書くことは、学習した知識を実際のコミュニケーションに活かす機会を与え、子供の自信につながるでしょう。

その他にも、コミュニケーション能力やリーダーシップスキルの向上にも結び付きます。日常的なアウトプットは、語彙力や文法の習得にも効果的です。

そして英語を使った実用的なスキルを養うことにもつながります。英語を単なる勉強の対象から、実際のコミュニケーションツールだと子供達に知ってもらえるということです。

レベルに合った教材を使う

レベルに合った教材の利用は、英語学習においてとても大事です。適切な教材を選ぶことで、 苦手意識やストレスを軽減し、効果的な学習をサポートできます。

教材が難しすぎると挫折感が生まれ、逆に簡単すぎると飽きてしまう可能性があるので注意が必要です。個々の生徒のレベルや興味に合わせた教材を選び、段階的に難易度を上げながら進めることが理想的でしょう。

この方法で学習することで、生徒は自信を持ちながら着実にスキルを向上させ、英語学習をより楽しみながら効果的に進めることができます。

【小学生向け】英語の自宅での教え方・学習方法

【小学生向け】英語の自宅での教え方・学習方法
上記では小学生に自宅で英語を勉強する上での注意点を紹介しました。では実際どのようにして自宅で英語を教えたらいいのでしょうか。

最近では、自宅で教材を使って勉強するだけではなく、アプリを利用した英語学習やオンライン英会話、YouTubeなど様々な勉強方法があります。具体的にどのように勉強すべきか紹介します。

英語の歌を一緒に歌う

子供達が慣れ親しんでいる歌うことを通して、楽しく英語学習ができます。歌の歌詞はリズミカルで繰り返しが多いため、単語やフレーズを覚えやすく、発音練習にもなるのです。

また、歌を通じて感情表現や文化を理解することにも繋がります。親子で一緒に歌を歌うことで、子供たちは英語を楽しむことができ、自信を持って発音や歌詞を覚えられるでしょう。

歌はコミュニケーションの手段としても活用でき、家族全体で楽しい英語学習の時間を楽しむことができます。

英語の絵本を読み聞かせる

英語の絵本の読み聞かせも、子供に楽しく勉強してもらえる方法です。絵本には豊富な言葉やフレーズが含まれており、視覚的な要素も加わって理解しやすくなっています。

親が絵本を読み聞かせることで、子供たちはリーディングスキルを養い、新しい単語や表現を学んでいきます。また、発音練習やリスニング能力も向上し、英語に親しみ、好きになってもらうきっかけになるでしょう。

英語でアニメやYoutubeを観る

英語でアニメやYouTubeを観ることは、小学生が一番興味を持つ学習方法かもしれません。アニメやYouTubeは子供達にとって慣れ親しんでいる魅力的なコンテンツであり、子供たちは楽しみながら英語を学ぶことができます。

英語のアニメやYouTubeチャンネルを視聴することで、リスニングスキルが向上し、ネイティブスピーカーの発音を学ぶことも可能です。そして日常会話や表現力も豊かになっていきます。

視聴しながら字幕を表示させることで、単語やフレーズを覚えるのにも役立ちます。日頃から、YouTubeを見るのが日課になっている子供には特におすすめです。

自宅でできる英語教材で勉強する

市販のテキストやオンライン英会話プラットフォームを利用することで、より効果的かつ本格的に英語に触れられるでしょう。市販のテキストは文法や語彙の基礎を固めるのに役立ち、オンライン英会話はリスニングスキルや会話力の向上に繋がります。

多くのオンラインリソースはゲームやクイズなどの楽しいコンテンツを通して、英語に対して楽しいという感情を持ってもらえます。有料のものは、効果も高いので試してみてもいいかもしれません。

スマホアプリで英単語やフレーズを学ぶ

スマホアプリで英単語やフレーズを学ぶのも、小学生の興味を引き、英語を好きになってもらうきっかけになるでしょう。多くの教育アプリは、ゲームやクイズなどの楽しいアクティビティを通じて英単語やフレーズを覚えるのに適しています。

子供たちはスマホやタブレットを使って自分のペースで学習できるだけでなく、日々貯まるポイントや英語を交えたゲームなどで学習に意欲的に向き合ってくれるでしょう。

英語カードで英語を一緒に学ぶ

英語カードは単語やフレーズを数多く学ぶことができるおすすめの方法です。また、親子でカードゲームやクイズを行えば、家庭内のコミュニケーションにもつながります。

また英語カードは、インターネットから無料でダウンロードできるので、飽きたりマスターしたりした際に、すぐに次の英語カードへ移行するのも簡単です。金銭的に負担が少ないのは、親としてはありがたいですね。

英語カードは、ちびむすドリルというサイトから無料でダウンロードできるので、ぜひ始めてみてください。

自宅で英語を教えるのが難しいと言われる理由

自宅で英語を教えるのが難しいと言われる理由
自宅で英語を教えるのが難しいと言われる理由は、日本人にとって英語は母語ではないため、教育の専門知識や語学スキルが必要であると思われていることが挙げられます。英語教育は文法や発音、文化など多岐にわたり、正確な指導が求められるので不安になる方も多いでしょう。

また、英語環境が身近にないことも難しい理由の一つです。しかし、充実した教材やオンラインリソースを活用することで自宅での英語教育の難しさは克服可能なのでご安心ください。

自分がネイティブでないから発音を教えられない

一番多く聞かれるのは、自分がネイティブではないから発音を教えるのが難しいという意見です。しかし発音を教える上でのコツがあります。自分が話せなくてもオンラインアプリや発音ガイドを活用すれば、正しい発音を聞かせられます

一緒に親子で勉強することで、発音練習を子供たちと楽しみながら、自分の英語力も伸ばすことができます。何度も聞いて耳で覚えることが一番近道でしょう。そして最も重要なのは、ポジティブな雰囲気を持ち、子供たちに自信を持たせることです。

発音の向上は時間がかかることもありますが、継続的なサポートをしていきましょう。

英語に対して苦手意識がある方が多い

そもそも英語に対して苦手意識を持っている方も多いです。日本人にとって、英語は新しい言語です。文法も発音も複雑で、子供に教える自信がない人も多くいるのが現実と言えます。

しかし、アプリや教材、オンライン英会話など様々なサービスを活用することで、自宅での英語学習を円滑に進められます。また子供と一緒に英語を学べるため、親子の絆も深まるでしょう。

間違った英語を教えてしまうのではないかと不安

間違った英語を教えてしまうのではないかと不安になってしまうのは、いわば当然のことです。そのように不安を抱いている方は、教材やオンライン英会話の利用をおすすめします。

信頼性のある教材などは、正確な発音や文法を提供していて、誤った情報を教えないようにプロが作成しているので、安心して使用できます。また、オンライン英会話も英語を教えるプロなので、発音や文法などを安心してお任せできるでしょう。

教材を通じての英語学習は、子供にとっても効果的で、自信を持って英語を学ぶのに役立ちます。

英語が苦手な小学生に教えるコツ

英語が苦手な小学生に教えるコツ
英語に苦手意識を持っている子供に対しては、その苦手意識を払拭する必要があります。子供の興味を惹き、楽しさを知ってもらうことが大切です。

また、ポジティブな雰囲気で英語学習をサポートし、プレッシャーやストレスを感じさせないように努力しましょう。親子で一緒に英語を学び、リラックスした雰囲気で続けることが、子供の英語力向上につながります。

まず初めに到達しやすい目標を設定する

目標の定め方
  • 英検合格など長期的なゴールを一つ決める
  • それに向けて毎日単語を10個覚えるなど小さな目標を考える
  • シールなどを使って子供が目標を達成できたのを可視化できるようにする

子供に英語を教える際、まず初めに到達しやすい目標を設定することが大切です。例えば、英検合格などの長期的なゴールを一つ決め、それに向けて毎日単語を10個覚えるなどの小さな目標を考えます。

これにより、子供は日々の進歩を実感しやすくなります。また、シールなどを使って子供が目標を達成できたことを可視化しましょう。達成感を感じることでモチベーションが高まり、長期的なゴールへの取り組みが継続的に可能になっていきます。

英語学習を習慣づける

英語学習の習慣をつけるコツ
  • 毎日の生活のルーティンに短時間の英語学習を取り入れる
  • 子供の興味を惹く学習内容にして英語を勉強するのが苦ではない環境にする
  • 子供を褒めて英語学習へのイメージをさらにポジティブにする

英語学習を習慣づけるために、毎日の生活のルーティンに短時間の英語学習を取り入れる意識が大切です。短時間なら飽きずに取り組める上に、英語に対してネガティブな感情を持つことを防げます。

子供の興味を惹く学習内容を選び、英語を勉強するのが苦ではない環境を整えましょう。子供が進歩するたびに褒めて、英語学習へのイメージをポジティブに保たせて、習慣化させていきましょう。

英単語をまずは覚えるところから

英単語を覚えるプロセス
  • イラストを使い、英語の単語の意味をイメージとして覚えさせる
  • フラッシュカードを使って反復学習をする
  • 音声を何度も聞き耳からも覚える

英単語を覚える方法は、イラストを使って単語の意味を視覚的にイメージし、フラッシュカードを通じて反復学習を行い、正しい発音を耳から覚えるという方法が効果的でしょう。具体的には、単語と対応するイラストを結びつけ、フラッシュカードで単語とその意味を反復的に学ぶという方法です。

単語の発音をネイティブスピーカーの音声から練習する方法を組み合わせることで、英単語を効果的に覚え、スペルや発音をマスターするのに役立ちます。

子供任せにせず親子で一緒に学ぶ姿勢が大切

    親子で一緒に英語学習に取り組む姿勢は子供の学習を効果的にします。そのために、英語を日常生活の一部として自然に取り入れ、日常会話やゲームを英語で楽しむ時間を設けるのもいいでしょう。

    週に少なくとも1回は親子で共に英語学習の時間を確保し、共通の学習目標を設定します。親子で英語を学習することによって子供達のモチベーションをあげることに繋がります。

    自宅でプロから学べる!小学生におすすめのオンライン英会話5選

    自宅でプロから学べる!小学生におすすめのオンライン英会話5選

    自分で発音などを教えることができないという人には、オンライン英会話がお勧めです。これらのオンライン英会話プログラムでは、プロの講師による指導や楽しいレッスンで、子供たちの英語スキルをより効果的にあげることが期待できます。

    ここでは、小学生におすすめのオンライン英会話サービスを5つ紹介します。

    NovaKid

    NovaKid

    NOVAKidのカリキュラムは学校での文法学習に合致し、小学生コースでは中学英語へのスムーズな準備ができます。中高生コースでは英検®対策や文法解説も提供され、スピーキングやリスニングに加え、ライティングとリーディングもしっかり強化しています。

    学校の授業を予習復習するのにいいでしょう。また、NOVAバイリンガルKIDSでは様々な国のネイティブ講師と接する機会があり、異なる発音や表現に触れるチャンスがあります。

    キャンペーン 無料体験レッスン、プロモコード「GOLD15」入力で

    週2回以上全コース15%オフ!

    月額 スーパーバイリンガルコースClass5 20,400円(税込)

    Class4 21,300円(税込)

    Class3、22,200円(税込)

    80分×月4回 コース

    Class5 16,900円(税込)

    Class4 17,800円(税込)

    Class3 18,700円(税込)

    40分×月4回 コース

    Class5 10,200円(税込)

    Class4 10,800円(税込)

    Class3 11,300円(税込)

    1レッスンの時間 40分または80分
    1レッスンあたりの料金 40分コースの場合約4,200円から4,500円80分コースの場合約5,100円から5,550円
    講師の国籍 カナダ、オーストラリア、アメリカなどのネイティブ圏
    小学校のおすすめ学年 全学年でもOK

    ECCジュニアオンライン教室

    ECCジュニアオンライン教室

    ECCジュニアオンライン教室は英語学習の初心者さんにおすすめです。講師は全員日本語と英語のバイリンガルで、英語に不安がある際は日本語で質問できるので安心です。英語ネイティブまたは日本人でネイティブレベルの英語力を持つ講師が指導します。

    ECCジュニアのオンライン授業では 会話だけでなく、ライティングやリーディングなど4技能全てに焦点を当てているのも特徴です。グループ授業式なので全国のクラスメイトと共に学び、友達と切磋琢磨しながら英語力を伸ばせるので、モチベーション維持にもつながるでしょう。

    キャンペーン 授業が1回分無料可能
    月額 6,600円
    1レッスンの時間 60分
    1レッスンあたりの料金 約1,650円
    講師の国籍 ネイティブレベルの日本人と日本語が話せる英語圏のネイティブスピーカー
    小学校のおすすめ学年 全学年でもOK

    QQキッズ

    QQキッズ

    QQキッズでは、TESOL国際資格を持つプロの講師陣が子供たちにハイレベルな英語教育を提供します。カリキュラムは初級から上級まで対応し、充実したテキストと多彩な教材が用意されているため高度な内容に取り組むことができます。

    特別な「レッスン見学機能」と「録画機能」があり、子供の成長を見守り、復習をサポートします。プロの講師陣と充実の教材で、子供たちの英語力を育てるのに素晴らしい環境が準備されていますよ。

    キャンペーン 無料授業体験が2回受講可能
    月額 月4回: 2,980円月8回: 4,980円

    月16回: 7,980円

    月30回: 10,980円

    1レッスンの時間 25分
    1レッスンあたりの料金 約350円から750円
    講師の国籍 フィリピン
    小学校のおすすめ学年 全学年でもOK

    クラウティEnglish

    cloudt

    クラウティEnglishは一人分の値段で家族全員が英会話を学べるのでコスパがいいと言えるでしょう。ネイティブ講師と一対一で英会話の勉強が可能です。

    ゲームコンテンツが豊富で、ネイティブ講師と一緒に遊んでいるうちに自然に英会話が身につけることができます。またレッスン外時間は24時間AI学習サイトにアクセスし放題なので予習復習もしっかりできます。

    キャンペーン 8日間無料キャンペーン
    月額 10時から24時プラン

    スタンダード(10分レッスン×最大2回/日):月額7,150円
    プレミアム(10分レッスン×最大4回/日):月額10,780円

    10時から16時までプラン

    スタンダード・DAYS(10分レッスン×最大2回/日):月額4,950円
    プレミアム・DAYS(10分レッスン×最大4回/日):月額8,800円

    1レッスンの時間 10分または25分
    1レッスンあたりの料金 最低73円
    講師の国籍 フィリピン
    小学校のおすすめ学年 全学年でもOK

    NativeCamp

    ネイティブキャンプ

    ネイティブキャンプはスピーキングに特化したオンライン英会話で、月額6,480円で無制限のレッスンが受けられます。1日のレッスン数に制限はなく、24時間予約なしで都合に合わせて受講できます。

    12,000以上の無料教材が用意されており、文法、発音、英検対策まで幅広く用途に合わせて学べるのがポイントです。手頃な価格で長期間続けることができ、実際のネイティブと会話を通じてスピーキング力を向上させられます。

    キャンペーン 7日間無料体験
    月額 6,480円+ 1,980円で家族追加可能
    1レッスンの時間 25分
    1レッスンあたりの料金 毎日1回受けた場合は約200円
    講師の国籍 アメリカ、カナダ、オーストラリア、フィリピン
    小学校のおすすめ学年 全学年でもOK

    小学生への英語の教え方やコツに関する質問

    小学生への英語の教え方やコツに関する質問
    今まで小学生に英語を教えるコツや方法を紹介しましたが、小学生への英語教育に関する質問や不安は尽きないでしょう。一日何時間勉強すればいいのか、そもそも子供の英語力がわからない、子供が英語への苦手意識があるなど今回は、みなさんが思っている疑問や不安を詳しく解説していきます。

    小学生の子供を自宅学習だけでバイリンガルにすることは可能?

    子供を自宅学習だけでバイリンガルにすることは可能です。子供は言語を吸収する能力が高いので、効果的な英語学習に取り組めば日英バイリンガルになれるでしょう。教材本やオンラインコース、教育アプリ、英語を話す友達との交流など、多彩な方法で英語スキルを向上させることができるので、まずは活用してみてくだい。

    最も重要なのは継続とモチベーションです。毎日の学習習慣を築き、楽しみながら英語を学び続けることで、バイリンガルへの道は開けていきますよ。

    小学生だと1日に何時間英語の学習をすればいい?

    小学生の英語学習時間は、子供の年齢によって効果的な学習時間が変わってきます。低学年(1年生から3年生)の場合は集中力が続かないので1日に15〜30分の英語学習がおすすめです。

    ゲームや歌、楽しい絵本を通じて学びながら遊ぶことが効果的です。高学年(4年生から6年生)の場合は低学年と比べて集中力が続きやすいので1日に30分から1時間以上の英語学習が最適でしょう。

    小学生の子供に英語を教える上で一番難しい部分は?

    小学生に英語を教える上で一番難しい部分は、持続性とモチベーションの維持でしょう。子供たちは興味を持ちやすい一方で、長期的な取り組みでは挫折しやすい傾向があります。

    日常の学習習慣を築き、定期的に続けることが難しいことかもしれません。親や指導者のサポートが不可欠で、楽しさを保ちながら英語を学び続ける方法を見つけることが大切です。

    また、適切な教材やアクティビティを提供し、子供の興味を引き、英語が日常生活に組み込まれるよう努力していきましょう。

    子供が英語の学習を嫌がります、どうすればいいですか?

    子供が英語学習を嫌がる場合は、まず子供に英語を好きになってもらう必要があります。英語の学習への苦手意識を持ってしまった子供には、ゲームやアニメで学ぶ英語のような子供が好きなコンテンツ、または無意識のうちに勉強になり本人も楽しめるコンテンツから始めましょう

    一度英語を好きになってもらうことで、継続的な英語学習が苦ではなくなります。

    小学生の子供の英語レベルを把握する方法は?

    小学生の英語レベルを把握するうえで、オンライン診断テストを受けるのが一番簡単な方法です。このオンライン診断は、さまざまなアプリやサイトで、簡易的なものは無料で診断できます。

    アルファベットがわかり、英語に触れるのは全く初めてではない方におすすめです。診断テストの中には、どのぐらいの英検をとるべきかの目安もわかるものもあるので、英検を目指している人にも便利でしょう。

    出来るだけお金をかけずにスピーキングを教える方法は?

    お金をかけずにスピーキングスキルを向上させるには、無料のスピーキングアプリ、オンライン英会話の無料体験、家族間で英語の日常会話を取り入れる、外国人の友達をつくることが例として挙げられます。

    これらの手段を組み合わせることで、できるだけお金をかけずにスピーキングスキルを向上させられるでしょう。

    【まとめ】小学生のうちから自宅での英語学習を習慣にしよう

    【まとめ】小学生のうちから自宅での英語学習を習慣にしよう
    この記事では、小学生の自宅での英語学習方法についてまとめてきました。自分が英語が苦手、英語に自信がないといった理由から、子供が自宅で英語を学習することに不安を覚える人も多いですが、日々コツコツ継続していくことで日英バイリンガルになることも不可能ではありません。

    親の立場からできることは、今のうちに子供に英語に慣れてもらうということです。まずはさまざまなサービスを利用して、子供を英語に慣れさせることから始めてみましょう。

    目次
    閉じる