英会話は何歳から始めるのが良い?早期からの英語教育が本当に良いのか徹底解説

英会話は何歳から始めるのが良い

生徒Aさん親御さん

子供の英会話、何歳から始めるべき?

子供が小さい時に、こう思う保護者の方は多いことでしょう。英語は、一般的に幼少から始めることで英語脳や英語耳が身に付きやすいと言われています。

では、中学に入ってから、もしくは大人になってからでは手遅れなのでしょうか。結論、そんなことはありません。

英語は、何歳からでも始めることができ、ネイティブに近い発音にならなくても、ペラペラになるのは何歳からでも可能です。

この記事では、英会話を何歳から始めるのがベストなのか、また、大人になってからでも英語をペラペラにする方法など詳しく解説します。

脳科学の観点から具体的に何歳からが一番適しているのかを解説しているので、最後までチェックしてください。

この記事の内容をまとめると
  • 子供が言語を獲得するのに適した時期は0歳~15歳
  • 羞恥心や失敗を恐れない幼児のうちに英語を始めておく
  • 10歳以降は脳も大人になる
  • 早期英語教育でも日本語への影響はほとんどない
  • 大人でも英会話をペラペラにするのは可能!
  • 英会話で大切なのは、とにかく話すこと
目次

英語教育は何歳から始めるのが良い?

英語教育は何歳から始めるのが良い?

英語教育の開始時期については0歳からやるべきという人もいれば、早すぎる英語教育には弊害があるという人もいて、結局何歳から始めるのが良いのかよく分からないというのが実際のところではないでしょうか。子供が言語を習得するのに適した時期(言語形成期)は0歳~15歳くらいまでとも言われています。

前半の8歳ごろまでは母語の習得に大事な時期であり、自然と言語を獲得していくのが特徴です。後半の8歳~15歳期は、論理的な思考に基づいて高度な語学力を習得していく時期です。

英語教育の開始時期についてはそれぞれの時期で長所と短所があるため諸説あります。

次の章では年齢別の英語教育開始の適齢期について解説していきます。

脳科学の観点から英語は何歳から始めるべき?

脳科学の観点から英語は何歳から始めるべき?

脳科学の観点から言うと、英語は何歳から始めるべきなのでしょうか。言語習得と脳の発達には密接な関係があり、英語を習得するためには、言語の習得に関係する脳の発達が活発な時期に英語に触れるのが良いとされています。

本章を読めば、英語の習得に最適な時期について詳しく理解できます。

言語習得に適した臨界期とは?

言語習得に適した臨界期とは?

言語習得における臨界期とは、言語習得の効果が最も現れるとされる時期のことです。すなわち、臨界期に英語に触れることで言語習得の効果が現れ、自然に英語を話せるようになるのです。

言語学習に適した臨界期は12歳頃までと言われており、英語力の中でもとくに発音については臨界期が6歳頃までとも言われています。幼少期からアメリカやカナダなどの英語を母語とする国で生活する人が、日本語訛りのない英語発音で英語を話すのは、臨界期の影響を受けているためです。

臨界期を超えればこえるほど、言語習得は難しいとされるため、早期英語教育に注目が集まっています。

先生先生

ただ、何歳からでも英語学習は可能です。すでに臨海期をすぎていても、遅くはありません。思い立ったその時にスタートしましょう。

2歳から4歳が第二言語習得に最適な時期

第二言語習得に最適な時期は、2歳から4歳と言われています。2歳の段階ではまだ母語が確立されておらず、音の聞き分け能力も高い時期であるため、2歳頃から英語の音に触れさせるのが良いでしょう。

4歳になると、言語知能が著しく発達します。聞き取ったり、話したりできる語彙の数も大幅に増えるため、遅くとも4歳頃までに英語に触れさせるのが理想です。

子供はまず、言語を音で理解します。英語に触れさせて英語を自然に身につけてほしいと考える人は、会話や歌などを通して英語の音に触れさせることから始めましょう。

英会話は何歳から始める?諸説を解説

英会話は何歳から始める?諸説を解説

本章では3歳・4歳・7歳・10歳から始めた場合のメリットについてそれぞれ解説します。

お子様に英会話を習わせたいもののいつから始めるのが正解かとお悩みの保護者の方は、参考にしてみてください。

3歳から始めた方が良い説

英語を始めるならば3歳からが良いという根拠は?
  • まだ日本語が完全でない
  • 英語を吸収し成長することが期待できる
  • 英語学習のために十分な時間を取れる

3歳の子供は、まだ日本語の習得も完全ではありません。そのため、大人が英語を学習するときのように英語を日本語に変換してから理解することをせず、英語を英語のまま受け入れる「英語脳」で学べます

3歳の子供の脳は乾いたスポンジのように知識を吸収し、毎日成長しています。英語を学ぶにも、好奇心を持って楽しく英語に親しむことで、どんどん新しいことを吸収していくでしょう。

4歳から始めた方が良い説

英語を始めるならば4歳からがいいといわれるのはなぜ?
  • 言葉でのコミュニケーションが取れるようになる
  • 文字が読めるようになる
  • アルファベットが読めてフォニックス学習も始められる

4歳は日本語でのおしゃべりもどんどん上達し、何にでも興味を持って新しい物事を吸収していこうとする時期です。早ければ文字も読めるようになり、絵本をよく読むようになるのも4歳頃です。

4歳頃に英語の絵本を読み聞かせることで、自然とアルファベットや英単語を覚えていくことができます。子供が英語に興味を持ってくれるようになったら、絵本やアプリなどでフォニックス学習から始めてみるのもいいでしょう

7歳から始めた方が良い説

英語学習を7歳から始めるのがいいと言われる理由は?
  • 日本語での説明をしっかり理解できる
  • 学校で授業形式に慣れてきている
  • 3年生からの英語の授業に間に合う

言語学習能力は7歳ごろにピークを迎えるという説もあります。7歳ごろには日本語の説明をしっかり理解できるため、日本語と英語が混じった英語教材の学習を始めるのにいい時期です。

また、学校で授業を受けることに慣れているため、英会話教室や英語塾での授業を集中して受ることに繋がります。7歳から英語教育を始めれば、本格的に始まる小学校での英語の授業までに基本的な英語の知識を身に付けられるので、スタートダッシュが切れるというメリットもあります。

10歳から始めた方が良い説

10歳から英語を始めると良いと言われる根拠は?
  • 9歳から10歳ごろが「言語の臨界期」
  • 10歳からは第二言語として英語を覚えることになる

言語獲得の臨界期とは、一生のうちで脳の発達が最も盛んになる時期のことで、特に言語習得については10歳ごろまでと言われています。そのため、脳が活発に働き新しい言語も柔軟に吸収していける10歳ごろまでには、言語の習得を始めておくべきなのです。

また、10歳以降の脳は大人の脳への成長期であり、この時期に母語以外の新たな言語を獲得するときは第二言語として覚えることになります。第二言語として英語を学ぶ場合も、早ければ早いほどいいというのが定説です。

先生先生

10歳から英語を学ぶことは決して手遅れではなく、継続して学習を続けることで将来英語を本格的に学ぶ際の基礎となります。

幼児期からの英語教育が良いとされる理由

幼児期からの英語教育が良いとされる理由

「英語は小さいうちから学ばせるべき」とよく聞きますが、幼児期からの英語教育が良いとされるのはなぜでしょうか。本章では、幼児期からの英語教育にどのようなメリットがあるのかについて詳しく解説していきます。

英語で思考する力がつく

幼児期からの英語教育が良いと言われる理由として、「英語脳」を育てるのは大人になってからでは難しいからという点があります。英語脳とは、日本語を使わずに英語を理解できる、英語で会話するときは英語で考えられるという状態を指します。

大人のように日本語を使って育ち日本語を日常的に話していると、英語を聞いたり話したりするときにも一旦日本語で考え、その後脳内で英語に翻訳してしまいがちです。日本語から英語に翻訳するという作業が入ることで、インプットもアウトプットもタイムラグが発生しスムーズな会話が難しくなります

幼い時から英語を学ぶことで、日本語に変換せずに英語を理解できるようになり、英語を英語のまま理解できるようになるのです。

苦手意識を持つ前に英語を習得できる

幼児期から英語を学ぶと、英語に対して苦手意識を持つことなく楽しく学べるというメリットがあります。多くの人が英語を本格的に学ぶのは中学生からですが、学校のテストだったり受験だったりというプレッシャーがかかるようになると、英語学習に対して苦手意識を持つことになりかねません。

成長するにつれて人前で英語を話すのは恥ずかしいとか、失敗したらどうしようという気持ちも大きくなりますが、幼児期だと発音や文法などを気にせずに英語を話せます。英会話スクールやオンライン英会話などで小さいうちから外国人の先生と触れ合うことで、日本人以外と話すことへのハードルも下がり物怖じしないで積極的にコミュニケーションが取れるようにもなるでしょう。

英語耳を育てられる

英語耳とは、英語の発音やアクセント、イントネーションを正しく聞き取る能力のことを言います。幼児期から英語教育を開始すると、英語を英語のまま理解し正しい発音を聞き取れるようになるのです。

大人だと英語を聞いても頭の中で日本語に翻訳し、無意識にカタカナに直してがちですが、無駄なプロセスを介さず直接英語を理解できることで、一度で正確な意味を理解しやすくなります。

英語耳を育てることで、将来英語を学校で学ぶときだけでなく外国の人とも苦労せずにコミュニケーションが取りやすくなり、就職や留学などでも有利になることが考えられます。

先生先生

英語耳で有名なのが、RとLの聞き分けです。英語耳が幼少から鍛えられていると、この2つの音も難なく聞き分けられるようになります。

将来的に職業の幅が広がる

幼児期から英語を学ぶことで英語が得意になると、将来的にグローバルに活躍できる人間に成長する可能性が上がります。少子高齢化が進む日本から、世界へ目を向けることで選べる職業や環境を増やすことに繋がります。

英語が使えると有利な職業
  • 旅行業界(ホテル・ツアーコンダクターなど)
  • 航空業界(CA・グランドスタッフなど)
  • 商社、外資系企業、貿易事務など
  • 英語教師や通訳など

英語力があると、どのような職業でも世界を視野に入れて選択しやすくなります。幼児期から英語を学ぶことにより、子供のキャリア設計上大きなアドバンテージを作ることになるのです。

早期の英語教育で日本語に影響はある?

早期の英語教育で日本語に影響はある?

早期の英語教育が日本語に悪影響といわれる理由
  • 日本語で考える力が育たないのでは?
  • 英語も日本語もどっちつかずにならない?

早期の英語教育は、日本語を学ぶ上で悪影響を及ぼすのではという懸念もよく聞かれます。実際に、外国で生活している日本人家庭の子供や、両親の母語が違う家庭の子供では「セミリンガル」と呼ばれるどちらの言語も年齢相当のレベルに達していないという状態に近くなることがあります。

とは言え、日本で育ち日本語で生活している子供であれば、年齢相応の日本語力は問題なく身に付くと考えられています。英語と日本語の能力をバランス良く伸ばしていくためには、英語教育を行いながらも並行して日本語での絵本の読み聞かせや、同じ年代の子供たちと遊ぶ機会を増やしていくことを意識して行うと良いでしょう。

【3歳からできる】子供におすすめの英語教育法

【3歳からできる】子供におすすめの英語教育法

幼児期から英語教育を行うことは、メリットの方が多いためぜひ始めていただきたいのですが、小さい子供に対して英語を教えるのに、どのような働きかけをすればいいのか分からないという方も多いでしょう。本章では、3歳からでもできる子供におすすめの英語教育法について解説していきます。

単語カードで英単語を覚える

3歳からできる英語教育法のひとつに、単語カードを使って英単語を覚える方法があります。子供の英語教材として公文式や英会話スクールなどでも使われている単語カードですが、市販されているものだけでも多くあるので、どれがいいのか迷ってしまうかもしれません。

子供が3歳くらいのときは、アルファベットだけのシンプルな絵カードが良いでしょう。4・5歳の子であれば、簡単な英単語のカードで動物や食べ物などの身近な題材をカードにしたものがおすすめです。

小学生からは英検受験用の単語カードや、小学校6年間で出てくる英単語を網羅した単語カードなど、中学英語が先取りできるような内容のものが良いでしょう。

ECCジュニアなど日本語講師から学ぶ

3歳の子からできる英語教育法として、ECCジュニアなどの英会話教室で日本人講師から英語を学ぶという方法があります。日本人講師から学ぶメリットは、外国人の講師と比較して言葉や態度から子供の気持ちを読み取った上でのコミュニケーションが容易であることや、トラブルなどへの対応が容易である点です。

ネイティブの先生から直接教わることももちろん英語力向上のために良いことですが、ECCジュニアを始めとした英会話教室では音声やDVDの教材を利用しており、子供たちがネイティブの発音を聞く機会は豊富です。教室によっても先生の質には差がありますので、英会話教室を探す際には必ず体験教室などで授業内容をよく確認の上申し込みましょう

オンライン英会話

オンライン英会話は、誰でも自宅から簡単に外国人講師と英会話の練習ができることで、近年注目を集めている英会話教育の形態です。オンライン英会話の利用者は社会人が多いですが、中には幼児から受講可能なオンライン英会話教室もあります。

幼児から受講できるオンライン英会話は、担当講師が子供の扱いに慣れている日本人(または日本語が話せる外国人)のが特徴です。中には子供向けのカリキュラムや教材が準備されているオンライン英会話サービスもあるので、初めて利用する方も安心して始められるでしょう。

先生先生

さまざまなオンライン英会話がサービスを展開しています。選択肢も多いので、お子さんに合ったサービスを見つけてみましょう。

【厳選】子供向けのオンライン英会話3選

【厳選】子供向けのオンライン英会話3選

本章では子供向けのオンライン英会話サービスを3つ紹介しています。どのサービスも、子供向けに授業内容が工夫されているなど安心して受講できるオンライン英会話サービスです

子供向けのオンライン英会話3選

QQキッズ

QQキッズ

対象年齢 3~12歳
月額の費用 月額2,980円から
1レッスンあたりの金額 366円(月30回コース)
教材 オンライン教材
講師の国籍(割合) フィリピン人(100%)
無料体験 あり

QQキッズは月額2,980円から受講可能な、子供向けオンライン英会話サービスです。子供専用のプロ教師が授業を担当するため、初めてオンライン英会話を利用する子供も安心して受講できます

入会金が無料で月4回のコースからあるので気軽に始められ、子供との相性を見極めてから続けるかどうかを考えてみても良いでしょう。QQキッズでは子供が飽きないように工夫された独自の学習ツールで、お絵描きやゲームを楽しみながら英語の学習を続けられると好評です。

kimini英会話

kimini

対象年齢 4歳~
月額の費用 月額1,210円から
1レッスンあたりの金額 605円(有料会員単品チケットの場合)
教材 オンライン教材/学研のワーク
講師の国籍(割合) フィリピン人(100%)
無料体験 あり

kimini英会話は、学習教材で70年の実績を誇る学研が運営するオンライン英会話サービスです。幼児コースには4歳コースと5歳コースがあり、発達に応じた適切な英語学習を受けられます。

kimini英会話の教材はオンラインで提供されますが、内容は学研の幼児ワークがベースになっているため、ワークを手元に置いてレッスンの前後に確認できます

DMM英会話

DMM英会話

対象年齢 3歳~
月額の費用 月額5,450円から
1レッスンあたりの金額 681円(月8レッスンコース)
教材 オンライン教材
講師の国籍(割合) アメリカ、イギリス、フィリピン、日本など124か国以上
無料体験 あり

DMM英会話は子供から大人まで、24時間利用可能なオンライン英会話サービスです。DMM英会話の講師は、アメリカやイギリスを始め世界各国124か国以上から採用されており、バラエティ豊かな講師陣と共に英語を学べます。

DMM英会話のキッズレッスンは日本人講師を選べるので、初めて英会話学習を行うお子様も安心して受講できます。子供が楽しく学べる教材も工夫されていますので、初めてのオンライン英会話にもぴったりです。

早期の英語教育で気をつけたいポイント

早期の英語教育で気をつけたいポイント

本章では、早期の英語教育を行う際に気を付けたいポイントについて解説していきます。せっかくの早期英語教育が無駄にならないように、効率良く進められる方法を知っておくと良いでしょう。

英語を強要しない

早期英語教育を行うにあたり、子供に英語を強要することは絶対にやってはいけません。幼児期の英語教育で一番重要なのは「楽しく英語に親しむ」ことです。

子供が教室に行くのを嫌がったり、英語のDVDを見たくないと言い出したりしたら、無理強いせずに一旦英語と距離を置きましょう。嫌がる子供に無理やり英語の勉強を押し付けてしまうと、英語がトラウマになってしまい英語嫌いになる可能性もあります

早期英語教育では、遊び感覚で楽しく英語に親しむことを一番に、子供の気持ちに寄り添いながら続けていきましょう。

楽しく一緒に学ぶ

早期英語教育で大事なことは「親も一緒に英語を楽しむ」ことです。英語を身に付けてほしいからと、子供に英語のCDを聞かせたりDVDを見せたりすることはいいのですが、かけっぱなし見せっぱなしになってしまうと子供は英語への興味をなくしてしまいます。

親子で英語の絵本を読んだり、英語の歌を聞いて一緒に踊ったりすることで、子供は楽しく英語を学べます。親子のコミュニケーションの方法の一つとして英語を利用することで、子供もやらされ感なく自然に英語をインプットできるでしょう。

継続して学ぶ習慣をつける

継続して学ぶ習慣をつけることも、早期英語教育には欠かせない要素です。

英語学習は年齢にかかわらず日々の積み重ねが重要なので、幼児の英語教育においても習慣的に英語に触れるのが理想的です

子供の生活に英語を取り入れるには?
  • 寝る前の読み聞かせに英語の絵本を読み聞かせる
  • トイレやお風呂などに英単語ポスターを貼る
  • ちょっとした待ち時間に英語の動画を見せる
  • 英会話教室やオンライン英会話などを続ける

日々のルーティンの中にうまく英語を取り入れていくことで、子供が無理なく英語に親しめる環境が作れます。意識していなくても、英語がいつの間にか近くにあるというのが理想的です。

英語教育は子供の興味関心を大切にすることが重要

子供の興味関心に合わせて英語を学習させることも重要です。子供が興味関心のないことを無理やり続けさせても、学習効果は期待できません。

子供が好きなキャラクターが出ているDVDや絵本を使って勉強させたり、好きな歌の英語版を聞かせたりすると、子供は楽しんで英語を学習します。まずは、さまざまな種類の教材を使って、子供が興味関心のあるものはどのような教材なのかを試してみるのも良いでしょう。

大人から英語を始めても遅くない?

大人から英語を始めても遅くない?

臨界期や早期英語教育の重要性について知れば知るほど「大人から英語を始めても無駄なのではないか」と感じる人もいます。結論から言うと、大人から英語を始めても遅くありません。

大人から英語を始める場合は、より効果的に英語を習得するための学習のポイントがいくつかあります。

大人になっても英語を始めるのは遅くない!

大人になってから英語学習を始めた人の中には「このまま学習を続けても効果はあるのだろうか」と不安になる人もいるでしょう。できるだけ早く英語学習を開始することが望ましいですが、大人になってから英語学習を始めたからといって習得を諦める必要はありません。

大人になってから英語を始めた人は目的を持ってモチベーション高く英語学習を続けられたり、自分に合った勉強方法を見つけやすかったりと、大人の英語学習ならではの利点が挙げられます。ポイントさえ抑えれば、言語学習の高い効果が期待できます。

大人になってから英語をペラペラにする方法

「英語は子供のうちに始めるのが大切」と耳にしたことはあるのではないでしょうか。英語は、幼少から始めることで、より流暢に話せると認識されています。

ですが、大人になっても英語をペラペラにする方法は存在します。秘訣は、「とにかく話す」と言うこと。

中学レベルの文法が頭に入っていれば、あとは、単語とフレーズを自分のものにするだけです。英語をペラペラにする方法として、おすすめは、語学交換アプリの利用もしくはオンライン英会話です。

これら2つは、とにかく話せると言うメリットがあります。できるだけ英語を話して、英語で考える時間を増やしていきましょう。

大人になってから英語を始める際の注意点

大人になってから英語を始める人は、言語習得の臨界期を過ぎてしまっているため、子供の英語学習と同じ過程で学習しても効果がない場合があります。大人が効果的な英語学習をするためには、以下のポイントに注意しましょう。

効果的な英語学習にするためのポイント
  • 目的を持って学習を継続する
  • まずは基礎文法と単語から習得する
  • インプットとアウトプットの学習サイクルを意識する

大人になってから英語を始めることの利点は、目的意識を持って能動的に学習ができる点です。それぞれの英語学習の目的に合わせて学習計画を立て、計画的に学習を進めましょう。

英語を始める年齢についての疑問に回答

英語を始める年齢についての疑問に回答

英語を始める年齢について疑問を持つ人は多いです。いくつかの代表的な疑問について回答しますので、子供を持つ保護者の中で「いつから英語を勉強させるべきかわからない」と悩んでいる人は英語学習の参考にしてください。

6歳から英語を始めるのは遅い?

6歳から英語を始めるのは、まったく遅くありません。6歳になると母語である日本語の言語能力が上がり、日本語での説明を理解できるため、乳幼児と比べてより高度な学習が可能です。

6歳はまだまだインプットが大切な年齢なので、絵カードやゲームなどを利用して英単語を覚えたり、歌を通して英語の音やリズムを覚えたりする学習をおすすめします。集中力の継続時間が短い時期なので、子供が楽しんで英語を学習できる環境づくりをすることも重要です。

小学生からの英語学習は意味ある?

日本では小学校での早期英語教育が始まっていますが、小学生からの英語学習は意味があるのかと疑問に思う人もいます。結論から言うと、言語習得の臨界期である小学生からの英語学習は効果的で、意味があるものと言えます。

小学生から英語の音やアルファベットに触れることは大切ですが、小学校での授業のみで英語を完全に習得するのは難しいです。授業外でオンライン英会話を利用したり、家で英語の歌を聴かせたりして、家庭での学習も積極的に行うと良いでしょう。

【まとめ】幼児期からの英語教育で子供の英語力を伸ばそう!

【まとめ】幼児期からの英語教育で子供の英語力を伸ばそう!

本記事では、幼児期から英語教育を行うにあたって何歳から始めるのがいいのか、早期英語教育のメリットとデメリットなどについて解説しました。

英語教育は早ければ早いほどいいとは言いますが、親子で楽しく続けることが何よりも重要であることがおわかりいただけたでしょう。

小さい子供が無理なく楽しく英語教育を続けるためには、オンライン英会話などの双方向で行う授業も大変効果的です。週に1回からでもオンライン英会話レッスンを受けることで、将来の英語力向上のために役立つでしょう。

本記事で紹介した勉強法やサービスを利用しながら、子供が楽しく英語を学び続けられるように、ぜひサポートしてあげてください。

目次
閉じる