小学生のための英語ライティング勉強法!書く力を身につけるコツを解説

小学生英語ライティング

近年ではグローバル化が進み、英語の重要性が高まっています。小学生のうちに英語を学ばせておきたいと考える方も多いでしょう。

英語学習の中でも特に大切なのが「ライティング力」です。ライティング力を身に付けることで、実践的に英語を使えるようになるのはもちろん、英語力全体の底上げにもつながります。

本記事では、小学生の英語ライティング学習について解説します。おすすめの学習方法や教材を紹介するので、参考にしてみてください。

この記事をまとめると
  • 小学生の英語学習でもライティング力は重要
  • 小学生のうちにライティング学習を進めることで、英語力全体を養える
  • おうち英語学習ライティング力を身に付けるなら、リスニングやスピーキングからはじめる
  • 小学生からライティング学習をはじめるなら、子供向けの教材を活用するのがおすすめ
目次

英語のライティング技能とは?

英語のライティング力とは?

英語のライティング力は、英語力全体を底上げする重要な要素です。正しい英文を書くためには単語や英文法の知識を深める必要があり、結果としてスピーキング力やリスニング力の向上にもつながります。

ライティング力は活躍する場面も多い能力です。たとえば「TOEIC」「TOEFL」「英検」などの資格試験を受ける場合、出題問題の中心はライティングになります。

また、仕事で英語のメールを書く時、伝えたいことを正しく書けなければ、取引先との誤解を招くこともあるでしょう。ライティング力を身に付けておくと学業でもビジネスの場でも大いに役立ちます。

小学生の英語学習でライティングが重要な理由

小学生の英語学習でライティングが重要な理由

英語のスキルは主に「リスニング」「スピーキング」「リーディング」「ライティング」の4つに分類されます。中でもライティングはすべての技能の土台となるので、小学生のうちに身に付けておくと効果的です。

しかしライティングは、子供に学ばせるのがとくに難しい技能だと言われています。ライティング用の教材が少なく、学校でも書く授業が少ないためです。

家庭学習の場合リスニング・リーディング学習が中心になりやすい

家庭学習用の教材は、基本的にリスニングやリーディング学習が中心となっています。逆にライティングを学べる教材は少なめです。

しかし、聞いたり読んだりするだけでは子供の英語力は十分に育まれません。ライティングを行うことで、読んだ内容や聞いた話を自分の言葉で表現する練習ができ、理解を深めることにつながります。

小学校の英語指導は「話す」「聞く」に重点を置いている

現在の小学校での英語教育では「話す」ことと「聞く」ことへ重点が置かれています。たとえば、友達に英語で挨拶をしてみよう、英語のCDを聞いてどのような会話をしているのか考えてみよう、などです。

覚えたフレーズや単語を使って実際に書く練習をする授業は少ないため、学校に通っているだけではライティング力を十分に身に付けられません。そのため、ライティング力を伸ばせる教材を活用したり、レッスンに参加したりなど、学校以外の学びの場で補う必要があります。

小学生のライティング学習のはじめかた

小学生のライティング学習のはじめかた

小学生のライティング学習をはじめる際は、順番が大切です。いきなり自分の力だけで英文を書くのは不可能なので、段階を踏んで進めていきましょう。

以下の手順を参考に、子供にあったペースではじめてみてください。

小学生のライティング学習のはじめかた
  • 【STEP1】英文を書き写す
  • 【STEP2】的確なフィードバックを得る
  • 【STEP3】継続し反復練習する

【STEP1】英文を書き写す

ライティング学習の第一歩として、英文を書き写すことからはじめましょう。英語のスペルや文法の基本を身に付けるのに効果的です。

たとえば、英語の本や雑誌から短い文章を選んでノートに写してみましょう。とくに子供が好きな話や興味のあるトピックを選ぶと、学習のモチベーションも高まります。

【STEP2】的確なフィードバックを得る

英語の文章を書いたら、誰かに読んでもらいフィードバックをもらうことが大切です。親や先生にチェックしてもらい、間違えた部分や改善点を指摘してもらうことで、正しい英語の使い方を学べます。

フィードバックを通じて、何が間違っているのか、どうすればより良くなるのかを理解できるため、ライティングスキルが着実に向上します。

【STEP3】継続し反復練習する

英語のライティング力を身に付けるためには、継続的に反復練習を続けることが重要です。毎日少しずつでも書く練習をすることで、徐々にスピードや表現力が向上します。

継続して反復を繰り返すためには、書くことの楽しさを感じられるような練習を取り入れることも大切です。たとえば、日記を英語で書いたり、短い物語を作ってみたりなど、楽しむ環境を作る工夫を取り入れてみましょう。

【英検対策】小学生のライティング学習のはじめかた

【英検対策】小学生のライティング学習のはじめかた

英検では3級から英作文の問題が追加されます。指定されたテーマについて、自分の考えを英語で述べなければいけないため、小学生の段階ではかなり難易度が高いです。

実際に英検3級は中学卒業レベルとされています。しかし、中には小学生で合格してしまう子供もいるので、不可能ではありません。

小学生のうちに英検3級に挑戦させたい場合は、これから紹介する4点を意識して学習を進めましょう。

①真似ることからはじめる

英検のライティング学習の最初のステップとして、良い文章を真似ることからはじめるのがおすすめです。たとえば、短いメッセージや簡単な自己紹介文などを選び、構造や使われている表現を意識しながら模写します。

英文の模写は、正しい文法や自然な表現を身に付けるのに効果的です。さまざまなサンプル文を実際に書いて写すことで、基本的な文構造や単語の使い方を学べます。

②学んだことをアレンジしてアウトプットする

英検3級に合格するためには、学んだ英語を実際に使ってみる「アウトプット」が重要です。いくら単語や文法を覚えていても、自分で文章を作る能力がなければ意味がありません。

いきなり英検レベルの問題に取り組むのが難しければ、簡単な短文を作るところからはじめてみましょう。たとえば、覚えた単語を使って短いストーリーを書いたり、日記を英語でつけてみたりなどがおすすめです。

単語や文法が実際のコミュニケーションでどのように使われるかを体感でき、記憶にも残りやすくなります。

③英検のライティングには「文法」と「内容」が重要

英検3級のライティングでは、文法的に正しいだけでなく、内容が豊かであることが求められます。そのため、正確な文法を覚えつつ、与えられたテーマに対して具体的な意見を述べる練習も必要です。

ライティングの内容部分を伸ばすためには、実際に問題を解いてみるのが効果的です。インターネットで「英検3級 英作文 練習」と検索すれば、練習問題や予想問題を見られるので有効活用しましょう。

また、より効率的に学習を進めたいなら過去問集などの教材を購入するのもおすすめです。

④英語のまま考える習慣や英作文を作る習慣を身に付ける

最終的には、日本語を介さずに英語で直接考えられるようになる「英語脳」を養うことが目標です。まずは、日常生活で出会う簡単なシチュエーションを英語のまま表現できるように意識しましょう。

英語脳を身に付けることで、自分の考えをスピーディーに英文で書けるようになるため、英検の英作文で有利になります。また、的確な単語やフレーズを使いこなして、内容が充実した英文を書けるようになるでしょう。

ただし、英語脳は長期的に英語学習を続ける中で身に付けられる能力です。英語のまま物事を捉えられるよう、日常の中で少しずつ習慣付けていきましょう。

小学生のライティング学習におすすめの教材5選

小学生のライティング学習におすすめの教材5選

小学生のライティング学習を効率良く進めるためには、教材選びが大切です。現在のレベルに合っているか、子供でも学習が進めやすい工夫がされているかなど、さまざまな観点で教材を比較して選びましょう。

小学生のライティング学習におすすめの教材を5つ紹介するので、教材選びの参考にしてみてください。

小学生のライティング学習におすすめの教材5選
  • Writing: Grade 1
  • Spectrum Writing, Grade 1
  • Scholastic Success With Writing
  • Beginning Writing
  • 小学英語スーパードリル

①Writing: Grade 1 (Kumon Writing Workbooks) 【最初の一冊におすすめ】

Writing: Grade 1 (Kumon Writing Workbooks)

画像出典:Amazon

著者 Kumon
出版社 Kumon Pub North America Ltd
価格 1,137円(公式ショップ参照)
ページ数 80ページ

「Writing: Grade 1」は全体的になぞり書きが多く難易度が低めなので、これからライティング学習をはじめようと考えている方におすすめです。名詞や代名詞、動詞、形容詞など文を構成する基本的な要素を学べます。

また、最終的には手紙やストーリーを書く問題も掲載されているため、実践的な形でライティング力を鍛えることも可能です。

②Spectrum Writing, Grade 1【親子で一緒に勉強できる】

Spectrum Writing, Grade 1

画像出典:Amazon

著者 Spectrum
出版社 Spectrum
価格 1,864円(Amazon参照)
ページ数 112ページ

「Spectrum Writing, Grade 1」は、家族や友達など自分の周囲のことについて考えながら英作文をする問題が多い教材です。正確な文法を理解することはもちろん、英作文において重要な内容の充実さを磨くことも可能です。

また、まとめのページにはライティングで重要なことがまとめられているため、保護者の学習にもなるでしょう。子供の英作文を丸付けしながら、親子で一緒に学習を進めてみてください。

③Scholastic Success With Writing, Grade 1【短期間でライティング力をアップ】

Scholastic Success With Writing, Grade 1

画像出典:Amazon

著者 Scholastic Inc.
出版社 Scholastic Teaching Resources
ページ数 48ページ

「Scholastic Success With Writing, Grade 1」はページ数が少なく、必要な情報がコンパクトにまとめられている教材です。短期間でライティング学習を進めたい方に向いています。

すべての問題に解答が付いているため、英語力に自信がなくて子供に教えられるか不安な方でも安心です。ただし、全編モノクロで構成されていてイラストも少なめなので、子供が飽きてしまう場合もあります。

④Beginning Writing(Skills for School)【イラストやステッカー付きで楽しく学べる】

Beginning Writing (Skills for School)

画像出典:販売サイト

著者 Brighter Child
出版社 Brighter Child
価格 880円(販売サイト参照)
ページ数 64ページ

「Beginning Writing(Skills for School)」は、子供でも楽しく学習できる工夫がされている教材です。カラフルなイラストでわかりやすくまとめられていたり、テキスト内で登場するイラストのステッカーが付いていたりなど、最後まで飽きずに学習を続けられるでしょう。

また、880円とリーズナブルな値段で購入できるのも嬉しい点で、お試しの一冊としてもおすすめです。

⑤小学英語スーパードリル【4技能を満遍なく学習できる】

小学英語スーパードリル

画像出典:Amazon

著者 安河内 哲也
出版社 Jリサーチ出版
価格 880円(Amazon参照)
ページ数 96ページ

「小学英語スーパードリル」は、ライティング学習はもちろん、リスニング・スピーキング・リーディングを合わせた4技能を満遍なく学べる教材です。日本人向けに作られたテキストで、日本語を交えた解説が記載されているため、スムーズに理解しながら進められます。

また、テキストのほかにCDやダウンロード音声が付属しています。読み書きの練習をしながら音声を活用することで、より知識が定着しやすくなるでしょう。

小学生が英語のライティング学習を行うメリット

小学生が英語のライティング学習を行うメリット

小学生の段階でライティング学習を進めるのは、リスニングやリーディングに比べると少し難易度が高いです。しかし、今のうちに書く力を養っておくことで、今後の英語学習で大いに役立ちます。

小学生がライティング学習を進めるメリットを4つ紹介します。

小学生が英語のライティング学習を行うメリット
  • 英語のアウトプット力が高まる
  • 正しい英文法で話せるようになる
  • リーディング学習に役立つ
  • 自分が書いた文章を推敲できるようになる

英語のアウトプット力が高まる

小学生が英語のライティングを学ぶ最大の利点は、英語のアウトプット力が高まることです。英語を覚えるだけでなく書く練習をすることで、新しい単語や表現を自然に使えるようになります。

また文章を書く中で、どのようにして自分の考えを英語で表現するかも学べます。英語の思考力を養うために非常に重要です。

定期的にライティングの練習をすることで表現力が豊かになり、英語でのコミュニケーション能力全般が向上するでしょう。

正しい英文法で話せるようになる

リスニングやスピーキングでは知っている単語を拾っていけばなんとかなる場合もあります。しかし、文章を書く際には文法が正確でなければ意味が通じません。

正しい文法を使う練習をすることで、単語や熟語ではなく、英文を構造で捉えられるようになります。話すときも文法の誤りに気づけるようになり、スピーキング力の向上につながるでしょう。

リーディング学習に役立つ

ライティング学習は、書く力だけでなく読む力を伸ばすことにもつながります。さまざまな文章を書くことで、語彙が増えて文の構造についても理解が深まります。

結果として、英文をより速く正確に読めるようになるでしょう。また、文章を書く際には他の人が書いた英文を読む機会も増えるため、読解力を養うことも可能です。

自分が書いた文章を推敲できるようになる

ライティング学習をはじめたばかりでは正確な文章を書くことは難しいため、先生のフィードバックが必要です。しかし学習を進めるうちに、自分が書いた文章を読み返して、より良い表現やより正確な文法に修正できるようになります。

小学生の段階で本格的なライティングの課題が出ることは少ないですが、中学生以上になると英文でのプレゼンテーションが求められる場合もあります。小学生のうちからライティング力を身に付けておくといいでしょう。

小学生のおうち英語学習の流れ

小学生のおうち英語学習の流れ

小学生のおうち英語学習の流れ
  • リスニング
  • スピーキング
  • リーディング
  • ライティング

小学生の英語教育ではライティング力を伸ばすことが大切ですが、いきなり取り組むと難しく、英語が嫌いになってしまう場合もあります。まずはリスニング・スピーキング・リーディングを通して英語の楽しさを感じてもらいながら学習を進め、ライティングにつなげていきましょう。

はじめはリスニングから取り組むのがおすすめです。物語や歌、ゲームを通じて楽しみながら英語の音を学びましょう。

ある程度リスニングができるようになったら、次はスピーキングの練習です。簡単な挨拶や日常会話からスタートし、徐々に使う単語やフレーズを増やしていきます。

スピーキングに慣れてきたら、リーディングに挑戦しましょう。英語の絵本や児童書などを読んで、文法や単語を覚えていきます。

そして、リスニング・スピーキング・リーディングで学んだ知識を使って、ライティングの勉強をはじめてみてください。

子供の発達と書く力の関係性

英語学習にとってライティングは大切な要素です。書く力を学ぶことは学業全般にも影響を及ぼします。

書くことは情報を整理し、知識を体系的に表現するための重要なスキルだからです。また、書く力は学業だけでなく感情を表現する手段としても非常に有効です。

日記を書いたり、物語を作ったりすることで、自己表現の技術を磨けます。つまり、英語に限らず書く力を学ぶことは、子供の発達を支える非常に重要な要素なのです。

小学生のライティング力を伸ばす具体的な練習方法

小学生英語ライティング練習方法

ライティング力を効果的に伸ばすには、日常生活の中で英語を使う機会を増やすことが大切です。楽しみながらライティング力を伸ばせる具体的な方法をご紹介します。

ライティング力を伸ばす具体的な練習方法
  • 英語日記をつける
  • 絵本の内容を英語で要約する
  • 英語の歌詞を書き写して意味を理解する
  • 家族や友達へ英語でメッセージカードを書く

英語日記をつける

毎日の出来事を簡単な英語で書くことで、自然と英語を使う習慣が身につきます。最初は「Today is sunny.」「I ate pizza.」といった短い文から始め、徐々に文章量を増やしていきましょう。

日記を書くことで、日常生活で使う語彙や表現が自然と増えていきます。

絵本の内容を英語で要約する

お気に入りの絵本を読んだ後、その内容を簡単な英語で要約する練習も効果的です。絵本の絵を見ながら要約することで、視覚的な情報を英語で表現する力が身につきます。

例えば、「The Very Hungry Caterpillar(はらぺこあおむし)」の場合、「The caterpillar ate many foods. It became a butterfly.」といった簡単な文から始めることができます。

英語の歌詞を書き写して意味を理解する

子供向けの英語の歌を聴き、その歌詞を書き写すトレーニングも有効です。歌詞を書き写すことでスペリングの練習になるだけでなく、リスニング力も同時に鍛えられます。

書き写した後は、歌詞の意味を理解し、新しい表現を学びます。

家族や友達へ英語でメッセージカードを書く

家族や友達へ英語でメッセージカードを書くのも効果的な方法です。「Happy Birthday!」「Thank you for being my friend.」といった簡単な文から始め、徐々に自分の気持ちを表現する文を加えていきます。

実際に相手に渡すことでライティングの目的意識が高まり、家族や友達を巻き込んでモチベーションを維持しやすい環境を作ることにも繋がります。

デジタルツールを活用した小学生のライティング学習

小学生英語ライティングデジタルツール

現代の英語学習では、スマホやPCなどのデジタルツールの活用が欠かせません。以下に、効果的なデジタルツールの使い方をご紹介します。

デジタルツールを活用したライティング学習
  • タイピングスキルでコミュニケーションの間口を広げる
  • 英語学習アプリでライティング力を強化
  • オンライン英会話でフィードバックを得る

タイピングスキルでコミュニケーションの間口を広げる

チャットやメールでのコミュニケーションが増えた現代では、手書きの英語ライティングだけでなくタイピングスキルも重要です。

「Typing Club」や「Dance Mat Typing」などの無料オンラインタイピング練習ツールを活用し、楽しみながらタイピング速度と正確性を向上させましょう。

英語学習アプリでライティング力を強化

「Duolingo」や「Babbel」などの英語学習アプリには、ライティング練習を含む多彩な学習コンテンツがあります。これらのアプリを使うことで、単語のスペリングや文法を楽しく学べます。

また、「Grammarly」のようなライティング支援ツールを使うと、文法やスペルのミスを自動的にチェックできます。

オンライン英会話でフィードバックを得る

オンライン英会話サービスの中には、ライティング添削サービスを提供しているものもあります。ネイティブスピーカーから直接フィードバックを得ることで、より自然な英語表現を学ぶことができます。

保護者が小学生のライティング学習をサポートするポイント

小学生英語ライティング保護者のサポート

子供の英語学習を成功させるために、保護者の立場からどのようにサポートするのがよいのでしょうか。以下に、効果的なサポート方法をご紹介します。

保護者によるライティング学習のサポート
  • 英語に触れる頻度を増やす家庭環境作り
  • 子供の努力を認め、モチベーションを保つ
  • 一緒に英語で遊び、楽しみながら学ぶ

英語に触れる頻度を増やす家庭環境作り

家庭内で英語に触れる機会を増やしましょう。英語の本や雑誌を置いたり、英語の歌やテレビ番組を流したりすることで、自然と英語に触れる環境を作ることができます。

また、家族で簡単な英語のフレーズを使う習慣をつけるとさらに効果的です。

子供の努力を認め、モチベーションを保つ

小さな進歩でも積極的に褒め、子供の自信を育てましょう。「Good job!」「You’re improving!」などと英語で言葉かければ、英語に対するポジティブな感覚を印象付けることで子供のモチベーション維持に効果的です。

一緒に英語で遊び、楽しみながら学ぶ

英語のボードゲームや単語カードゲームを家族で楽しむことで、遊びながら英語を学べます。「Scrabble Junior」や「Boggle」などのゲームは、スペリングや語彙力を楽しく強化できます。

ライティング力の向上が他の英語スキルに与える影響

小学生英語ライティング影響

ライティングは他の英語スキルと密接に関連しています。以下に、その相互作用について説明します。

他の英語スキルに与える影響
  • スピーキング力の向上
  • ボキャブラリーの拡大
  • リーディング力の向上

スピーキング力の向上

ライティングで学んだ表現や文法は、スピーキングにも活かせます。書いて覚えた表現を実際に話す練習をすることで、より自然な英会話ができるようになります。

ライティングを通して時間をかけて正確な英文法を構築する回路を形成することで、スピード感が求められるスピーキングでもスムーズにアウトプットしやすくなるのです。

ボキャブラリーの拡大

ライティングを通じて新しい単語や表現を学ぶことで、語彙力が豊かになります。

語彙が増えるほど自分の気持ちや状況を正確に表現できるという気付きを得ることで、単語学習への意欲にも繋がります。

リーディング力の向上

ライティングで学んだ文法や表現は、リーディングの際の理解を深めるのに役立ちます。逆に、多くの英文を読むことで、自然な英語の表現やフレーズを学べます。

興味のある情報に英語を通して触れることで、読解に対して集中力や前向きさが高上昇する効果があります。

大切なのは、子供の興味や好奇心を大切にしながら、無理のないペースで学習を進めることです。小学生のうちから少しずつ力をつけていくことで、将来の英語学習にも大きな影響を与えるでしょう。

【まとめ】小学生のうちからライティングを鍛えて今後に繋げよう!

【まとめ】小学生のうちからライティングを鍛えて今後に繋げよう!

本記事では、小学生の英語ライティング学習について解説しました。ライティングは英語学習の全体を支える重要な技能です。

小学生の段階で学ぶのは難易度が少し高めですが、今のうちに身に付けておくことで今後の学習を効率良く進められるようになるでしょう。本記事で紹介した教材を活用して、ライティング学習に挑戦してみてください。

目次
閉じる